どうも、ハイネ君です。

今回は介護施設の人手不足について、現場の中の何がそれを加速させているのかどのような点に「腐敗臭」が漂っているのかってことを暴いていきます。

また、その「腐敗臭」を除去していく為には、どうしたらいいのか。その辺の対策まできちんと提言していきたいと思っております。

では、ハイネ君、始めます。

LVVwziu0tu54ycQ1508418880_1508418979


目指す職位「ない」8割


介護従事者が主に読む新聞に「福祉新聞」というものがあります。そこにこのような記事があったのです。

介護従事者へのアンケートで、組織において目指す仕事上の地位があるかどうか尋ねたところ、82%が「ない」と答えた。※「UAゼンセン日本介護クラフトユニオン」調べ

その理由は、「責任が重い」が最多で、他には「仕事量が多い」など。

私も常日頃より感じてはいたのですが、これはとても深刻ですね。普通、入社したら係長、課長、部長、社長みたいにステップアップしてお給料たくさん頂けるようになるのが夢じゃないですか・・・。

それが介護業界はどうですか。8割越えが「昇進拒否」。この辺にとっても「腐敗臭」を感じますね・・・。

では、次で詳しく見ていきましょう!

☆併せてこちらもお読み頂くと、理解が深まります。介護辞めたい!転職したい!まずは1分これ読んで!


背景には何があるのか?!


いくらなんでも、きちんとした組織体制が組まれていれば中には出世したいと思う人はいるはず。では、何がそれを阻害しているのか。

・意外に介護業界は世襲である。

さぁ、出世しようと考えても、一番上が理事長の息子とか、その下は娘婿とかだったら、萎えますね。介護業界には超前時代的システムがまだまだはびこっているのです。

・適切な人事考課の未整備。

結構どこの施設でも取り組んではいるのですが、適切な評価や賃金体系に連動ができておらず、何をしても認められないのでは?やるだけ損じゃね?と感じてしまうのです。

・初任給の低さ。

初任給がそもそも低い為、長く勤めようが、ワンランク出世しようが、他業種から比べたら低いのが現状なのです。てことは、アンケートの「責任が重い」という最多回答の中には、賃金が大した事ないのに「責任が重い」という意味合いが内包されているのではと思うのです。

☆こちらは、介護施設の人材不足について、併せてお読み頂ければ、いっそう理解が深まります。介護の人材不足は、『頭の固い法人のせい』である。パナソニックの先進的な取り組みをご紹介!

介護人手不足まとめ(組織の自助努力)


じゃぁ、どうすりゃいいのさって思いますが、全国にはですね、やっぱりあるんです。自分らで頑張っている施設や事業所が。その方達が実施していること。

まずは、世襲により腐敗した部分を徹底して洗い流すしかない。政府に「賃金上げて」と言うのも大事ですが、払えるお金はきちんと払うということを、組織がしないと駄目ですね。

お金は溜め込まず、労働者へきちんと還元する。お金は新規事業にばかり投資するのではなく、今いる大事な職員にきちんと払う。これが重要です。

ただ単に賃金をUPしていけば良いというわけではありません。適切な人事考課で、成果への報酬として支払わなければなりません。

介護業界の未来は自分たちで作っていく、組織として自助努力を惜しまない。そんな組織は更に評価するという仕組みつくりが重要ですね。

超前時代的な施設運営を行っている事業所を浄化させること。少しずつではありますが、法人ではなく株式会社にしよう、理事会より、評議員会に議決権を持たせよう。理事の構成は親族で固めないように縛りをもうけよう。すでに始まっているものもあります。

私は、法人(組織)が自分たちで世襲をやめ、変わろうとし続けること、また、国が介護業界の処遇改善をバックアップしていくこと、この同時進行にしか介護業界の未来はないと思っています。

また、人材不足に関しての記事は、随時追加をしていきたいと思っております。ご一読ありがとうございました。

☆こちらは転職サイトのおススメ2選です。今の職場に不満がある方はのぞいて見て下さい。相談など全て無料で登録は簡単です☆






さらに優良サイトのまとめをご覧になりたい方は、こちら。[介護転職]優良サイトをまとめてみた。豊富な求人、失敗しない転職はこちら。

SPONSORED LINK