どうも、ハイネ君です。

今回は、介護業界とは切っても切れない「送迎」についての話。

ハイネ君もデイサービスやショートステイの経験があるので、

送迎の大変さは熟知しているつもりです。

利用者宅を回る送迎ルートを作成するのに1時間!なんてザラですね。

大規模な事業所になれば尚更のこと大変ですよね。

また、急なキャンセルが出た場合なども、ルートの組み直し、

運転手への連絡等、時間と労力がかかることばっかり。

今回、そんな悩みを解消すべく登場した画期的システムをご紹介!

では、ハイネ君、始めます。

navigation-1048294_640






介護サービスの送迎、問題点列挙


デイサービスやショートステイをやってる上で、
送迎に関して困る代表的なものを列挙してみます。

・送迎ルート作成に時間がかかる。

どの運転手がどの車両を使い、どのルートを回るのか。
それを何十人分も作成していると、頭の中パニックになるし、時間もかかります。
また、作成する職員が違えばルートも変わるということも珍しくありません。
そうすると、利用者の送迎時間が若干変わってきたりと、利用者にも迷惑がかかります。

・車の大きさや台数に左右される。

単に最短ルートを行けばいいということにはならないんですよね。
ある利用者宅は道が狭く軽自動車でなければ無理、
ある利用者は車椅子だから、車椅子でも乗れる車両でなければ無理。
こんなことがあるもんだから、我々は事業所と居宅間を何往復もしたりしていますね。

・急なキャンセルへの対応。

朝から電話があり、「今日デイサービス休みます」
(゚Д゚)ゴルァ!!とはなりませんが 笑 結構慌てちゃいます。。
前日に丹精こめて作った送迎ルートがいちからやり直しなんてことも。。

・利用者同士の相性

やっぱり人間だもの。相性があるんですね。
せっかく近くに住んでいるから、一緒に送迎しようと思っても、
「あの人と同じ車なら行かない・・・」

(#`皿´) ムキーーーー!(゚Д゚)ゴルァ!!とはなりませんが 笑

またまたルートの見直しですね。

というふうに、これだけでも大変なんですね。送迎って。

この送迎にまつわる業務だけでも、1日トータル1時間以上はとられることがあります。


☆こちらは、排泄の最新機器についてご紹介。ぜひご覧下さい。
10分後にウンコが出ます!「Dfree」排泄介助に革命だ!

目次にもどる

ダイハツ「らくぴた送迎」をご紹介!


「らくぴた送迎」どんな機能があるか列挙しますね。

基本的に施設のPCと送迎時に持っていくスマホが、
連動しているというイメージでご覧下さい。


1.自動送迎ルート作成。

利用者の住所等基本情報を入力し、最適なルートを自動作成。
時間や使用する車両も調整してくれます。

2.入所者の相性によりアラートが出る。

手動で微調整する際に、万が一仲の悪い入所者同士を同乗させる計画にした場合、
アラートが知らせてくれる。

3.急なキャンセルへの迅速対応。

施設のPCとスマホが連動しており、キャンセル時は移動中のスマホに瞬時に通知。
新たな送迎ルートも再作成してくれる。

4.運行を自動で記録。ルートや使用車両を適正化。

送迎の記録を別に準備する必要なし。自動で送迎状況等を記録。
運用していく中で、ルート見直しや使用車両など最適化してくれる。

よりわかりやすいと思うので、イメージ画像を貼りますね。

キャプチャ

キャプチャ1
※クリックして拡大。(引用:daihatsu.com)

☆こちらは見守りセンサーの最新機器をご紹介!
夜間見守りセンサー導入で介護報酬増!気になる最新機器もご紹介。

目次にもどる

業務の効率化におおいに貢献(まとめ)


この「らくぴた送迎」は一部の施設で試験運用していますが、

利用者の声をお聞き下さい。
「無理のない計画を、経験の浅い職員でも作成できるようになった」

「余裕のある計画により、運転中の業務負担が低減され運転に集中できる」

「実際に稼動する車の台数を減らすことができた」
まだ試験的な運用に留まっているようですが、既に業務効率化が図れているようですね。

冒頭でも書いた通り、ハイネ君もデイ・ショートの送迎に苦慮していました。

この「らくぴた送迎」むっちゃ使ってみたいです('▽'*)ニパッ♪

ほんと、ダイハツに雇われていいぐらい使いたい 笑

ハイネ君のブログで色々な最新機器を紹介していますが、

ほんと、どんどん介護ロボット、ICT化、発展していきますね。

とても大きなマーケットでもあると認識しています。

これで、介護に関わるスタッフの負担が軽減されて、

なおかつ利用者の満足度がUPしていけばな~と本気で願っています。

いいものはどんどん導入していきましょうヾ(=^▽^=)ノ

☆こちらの記事は介護への転職をお考えの方、今の施設に悩んでいる方への記事。
 自分は該当しなくても、同僚等に対象者がいれば損するといけないので、
 教えてあげて下さい!
[介護転職]転職サイトを利用しないとバカを見る!まずは3分これ読んで!

目次にもどる