どうも、ハイネ君です。

今回は介護の最新機器を3つご紹介!

主に認知症を支える機器となっています。

在宅でも、施設でも、通所でも使える機器ですので、

在宅介護者も介護職員等も必見です。

では、ハイネ君、始めます。

technology-2818664_640





位置情報認識ツール「Me-MAMORIO」


在宅でも施設でも認知症の方の徘徊でお困りの方、多いですね。

一緒にお出かけしていて、ふとした瞬間いなくなるという話、よく聞きますし、

列車事故にあわれたり、そのまま行方不明でお亡くなりになられるという

ニュースも時々目にします。

そこで、今回お勧めするのが「Me-MAMORIO」です!

製薬会社のエーザイとMAMORIOが共同開発した商品ですが、

元々は大事な物(例えばキーケースとか)につける物のようですが、

近年では、認知症で徘徊される方に装着されています。

非常に小さいです。見たほうが早いので、画像貼りますね。
キャプチャ
鍵のところについてる黒い物が「Me-MAMORIO」です。
かわいくシールも貼れちゃいます。
キャプチャ1
(出典:MAMORIO)
で、どうやるかというと、AppStoreでアプリをインストールし、
スマホと連動させて、位置情報を取得する形。

価格は税込み4,860円。

見た目も気にならないし、いざという時のためにかなり使える商品だなと思います。

海外では、GPS機能のついたリングみたいな物を身体に埋め込むって方法を
やってるって聞いたことありますが、ちょっとそこまでやんなくても!って感じです。

この「Me-MAMORIO」があれば十分じゃないかと思います。

公式サイトはこちら。「Me-MAMORIO」公式サイト

☆こちらの記事は徘徊していた方を高校生が助けたという記事。
 認知症徘徊の対策等も記述しています。併せてお読み下さい。
行方不明の認知症高齢者、高校生に救われる!

目次にもどる

介護予防プログラム「モフトレ」


モフトレはiPadを使って、特殊なバンドを手や足に装着して、

iPadの画像を見ながら、身体を動かす商品になります。

ハイネ君も画像や映像見たんですが、これは超おススメです!

自立支援を強化していかないと生き残れなくなるデイサービスなんかは
ぜひ導入すべき一品だと思います。

まずは、イメージ画像を貼りますね。
キャプチャ3
キャプチャ2

現在は3パターンあるみたいです。

1.ロコモ予防トレーニング
 介護予防になるような運動、体操ができる。

2.日常生活動作トレーニング
 実際にトイレからの立ち上がりの訓練やお風呂をまたぐ動作の訓練等ができる。

3.レクリエーション(みんなでモフトレ)
 メロディーに合わせて体を動かしたりなど、最大5人同時プレイ可能。

これが一番わかりやすいので、動画貼ります。


ほんと、ハイネ君も驚きでしたね。
これを実施すれば介護予防、自立支援になること間違いなしって感じです。

デイサービスでも色々なレクリエーションを企画したりするのが大変なので、
そんな職員の手間も省ける、利用者は喜ぶ、身体機能の維持に繋がる。

いいことだらけのような気がしました。

公式サイトもかなり商品のイメージつかみやすかったので、貼っときますね。
モフトレ公式サイトはこちら!

☆見守りセンサーの最新機器紹介記事はこちら。
夜間見守りセンサー導入で介護報酬増!気になる最新機器もご紹介。

目次にもどる

認知症予防アプリ(太陽生命)


こちらは太陽生命開発のその名も「認知症予防アプリ」

このアプリは、医学的根拠に基づいて継続的に歩行速度を計測して、
異変(軽度認知障害等の予兆)があれば家族へ通知するというもの。

この点もおススメですが、見守り機能がついてるところ。

家族が今日の歩行速度や歩数を遠隔で確認できます。

イメージ画像を貼りますね。
キャプチャ4
キャプチャ5

これは離れて暮らす家族にはとっても良い機能ですね。

お、今日もちゃんと歩いてるな!ってのが一目でわかるのはありがたいことです。

と、ここまで書いたのは良いのですが、残念なお知らせが。。

ハイネ君もインストールして試そうとしたところ、、、、

これ、太陽生命のお客様専用アプリでした 笑

て、笑えませんね。ほんとに残念。

この見守り機能使い方によっては、かなり有効に使えるいいアプリなので、

太陽生命さん!お願いします。これから増える認知症介護に寄与すると思って、

宣伝兼ねてでいいので、一般の方にも使えるようにして下さい( -д-)ノ

最後は少しつまづきましたが、いかがでしたでしょうか。

今回は介護で使える3つの最新機器をご紹介しました。

今後も在宅介護を頑張っている方や、人手不足の中頑張っている介護業界の皆さんへ

少しでも有益な最新機器情報をお届けしていきたいと思っていますので、

今後ともお付き合いのほどよろしくお願いします!!

☆こちらの記事は、介護ロボット最新機器を一挙にまとめて紹介しています。
 参考にぜひ読まれて下さい。
介護業界の業務効率化を徹底解説!コレをやれば人は辞めない。

目次にもどる

SPONSORED LINK