どうも、ハイネ君です。

私が介護の相談など受けていると、

皆さん1番心配されるのは費用の問題なんです。

そりゃ、いい施設に入れてあげたい、

家でも高価な器具などを使ってあげたいという思いはありますので、

どれぐらいかかるのか?

果たして、親の年金収入だけでまかなえるのか?

もしかしたら、子供たちで手出ししなきゃなの?

という不安があるのは当然です。

少なからず、子供たちが負担を強いられるケースを見てきました。

みなさん大丈夫ですか?

子供育てながら、親の介護にまでお金回す余裕、ありますか?

備えあれば憂いなしです。

この記事が今後、介護の費用面で悩む方の参考になれば幸いです。

では、ハイネ君、始めます。
money-2724241_640







なぜ備えが必要か?


私の経験上、特に何も考えず(考える暇もなく)

介護のサービスを受け始めた方は、ほとんど費用面で悩みます。

まえがきにも書いた通り、子供たちでカバーしあうということも
少なくありません。

ひとつのケースとして、介護保険は区分支給限度額というのが決まっていて、

それを超過すると、全額(10割)自己負担となります。

すると、あれよあれよと月の支払いが20万ぐらいになる方もおり、

親がもらう月の年金額オーバー、そして子供たちが負担となるわけです。

特養などの入所施設でも、超おおざっぱですが、月に10万はかかります。

こちらを参照特別養護老人ホームの説明

有料老人ホームとかだと、敷金等もかかり、最初に数百万が必要、

月の支払いも20万円近いなんてザラです。

ちなみに、これは介護費用だけのお話です。

高齢者で病院にかかっていない人なんて、ほとんどいません。

ってことは、病院代も別途かかってくるわけです。

こんなことって、あんまり事が起こらないと

皆さん考えないんですよね。それが普通だと思います。

でも、いざ介護状態になった時に慌てなくていいように

ぜひ、前もって検討して頂ければと思います。

以下に認知症と診断されたら支給される保険等が
ありますので、参考になるよう書きますね。


目次にもどる

厳選比較!認知症民間保険3社



「太陽生命 ひまわり認知症治療保険」
(認知症だけでなく、癌などの特定疾病もカバー)

・契約年齢20歳~85歳まで。
・保険認知症治療給付金300万円。
・骨折治療給付金1回 10万円。
・手術給付金(入院中に受けたとき)10万
・月額保険料 30代3000~4500円 40代3700~5400円
       50代4900~7300円 60代6900~12,000円
       70代10,500~16,300円  80代17,300~29,000円
※大きなメリットは認知症になった時にまとまったお金(300万)が入るということ。
※高齢者はとにかく転倒→骨折が多い為、それに特化した給付金がある。
※加入条件が緩いため、保険料は割高。
※終身と10年と選べるが、終身なら払い込みも終身続く。

「朝日生命 あんしん介護認知症保険」

・契約年齢40歳~75歳まで。
・公的介護保険の介護認定と連動型。
・介護終身年金(要介護1~5で20万~60万)
・介護終身一時金 300万円。
・認知症介護終身年金 60万円。
・認知症介護終身一時金 300万円。


※この保険は上記のどのタイプを選ぶかで、月額保険料が違う。
※認知症タイプの場合、要介護1以上の認定で認知症の診断があれば、
 その後の保険料払い込みはなく、一時金が受け取れる。年金の保証は生涯。
※全部のタイプを組み合わせると、保険料がとても高くなる。

「アフラック スーパー介護年金プランVタイプ」

・契約年齢18歳~60歳まで。
・65歳までは介護とともに、高度生涯も保障される。
・介護保障プラン、連動年金プラン、確定年金プラン、一時金受け取りプラン
 4つから選択できる。
・介護一時金 60万円。
・介護年金(年)60万円 最長10年。
・死亡保険金 60万円。
・月額保険料 30代3000~3800円 40代4300~5100円
       50代6300~7600円 60代10,000~12,000円
※死亡の際の保険金がある。
※介護年金が支払われている状態では、保険料払い込み免除。
※支払いが最長10年である為、60代・70代でもうらうと、
 介護途中でもらえなくなる可能性あり。


以上、認知症保険、3社比較でした。
保険会社で全く違う設定で、びっくりしましたw(゚o゚)w オオー!

だいたいを頭において、保険のプランナーに相談するのが良いですね


目次にもどる

自分にあったものを選択していく(まとめ)


別に親に多額の貯蓄などがあれば、問題なく、

保険などもかける必要ないですね。

なので、今のうちにこそっと

トントン(。・ω・)ノ゙

「いくら、ある?」
って聞いてみましょう 笑

何かの詐欺みたい?www

でも、本当に親の蓄えや月の年金額を知っておくことは
必要ですし、介護にかかるだろうお金を把握しておくことも重要です。

それらをふまえて、保険をかけておくのか、

また、保険を選ぶなら、どのタイプが自分達の家族構成等には

適しているのかなど、今から家族会議ですね 笑

備えあれば憂いなし。

本当に、介護が必要になる前にどうぞ、考える時間を持たれて下さい。

こちらも人気記事ですので、
あわせてお読み下さい、絶対よ
高齢者の運転、ドライブレコーダー考えてますか?

目次にもどる

SPONSORED LINK