少しドキッとするタイトルですが、意外と知られてないのが、
歯と認知症の関係。

なぜ、歯の病気が認知症と関係するのか、
それから、歯のケアをすることで、
認知症の予防に繋がるぞ!というメカニズムを
ここで紹介していきたいと思います。


あわせてこっちも読んでね 1日1杯の赤ワインで、認知症予防ができる?!

toothpaste-1446127_640

歯周病と認知症の関係


・歯周病がどのようなメカニズムで認知症(脳)と関係しているのか?

口の中で歯周病菌によって作られた酪酸と呼ばれるものが、血管を通して脳に到達。すると、そこで色んなものが作られて、脳細胞を破壊。

難しい単語は省いちゃいましたが、要は歯周病(炎症)が、
認知症(脳の炎症)を進めていってしまうということ。

ちょっと、必殺のざっくりした説明が過ぎたので 笑

次の項で、ちょっと頑張りますね(・∀・)

☆こちらも認知症予防の記事です。併せてお読み下さい。
ボケたくないなら、1日1杯のカルピス!(認知症予防)


目次にもどる

歯周病と認知症の実験・研究


よっしゃ、タイトルも難しそうだし、こっからハイネ君頑張るね(゚∀゚)アヒャヒャ

応援するつもりで読んで下さいね 笑

では、皆が納得するであろう 笑 実験を3つ!

そりゃっ(ノ`Д´)ノ

「動物実験」

人工的にアルツハイマーにかからせたマウスを2グループに分け、いっぽうだけを歯周病菌に感染させる。4ヶ月後のマウスの脳を調べると、どのグループも記憶をつかさどる「海馬」にアルツハイマーの原因となるたんぱく質が増えていたが、歯周病のグループのほうが面積で約2.5倍、量で約1.5倍だった。

「動物実験2」

マウスに歯周病の原因菌となるジンジバリス菌(P.g菌)がもつ毒素を注入したところ、アルツハイマーの原因となるたんぱく質がたまりやすくなった!


「ヒトでの調査」

アルツハイマーで亡くなった方の脳を調べると、歯周病の原因菌であるP.g菌がもつ毒素が高頻度で検出される。それに対して、アルツハイマーでないヒトの脳からはまったく検出されなかった。また、アルツハイマーが発症すると、発病前よりも血液検査でのP.g菌の陽性反応が強くなるという報告もある。
                        (出典:東洋経済オンラインより)

はぁ~疲れた(つд⊂)ゴシゴシ

ハイネ君、頑張りました 笑

これで、どうやら、歯周病と認知症(アルツハイマー)が
結構関係してんだねってことがわかりましたね。

次はじゃぁ、どうやって予防していこうかって話です。

☆こちらの記事は、サッカーのヘディングが認知症と関係しているという記事。
 サッカーしている人やサッカーしているお子さんがいる方も必見です。
ボケたくないなら、ヘディング注意!シアラー認知症の疑い。

目次にもどる

歯周病予防のアプローチ


・40歳前から始めないと危険だぞ!

アルツハイマーの発症年齢で多いのは70代ですが、
アルツハイマーの原因たんぱく質の蓄積は、発症の10~15年前に始まっています。

なので、その前から予防しておかないと、そもそも予防にならんというわけ。

歯周病コントロールは遅くとも50代、
重症化を避けるなら、望ましいのは40代からと言われています。


・とにかくかかりつけの歯医者をみつけ、定期検診を!

かかりつけの歯科医院がない人は、定期検診を受けている人と比べて平均1.44倍認知症になりやすいというデータあり。アメリカでは80代男性を中心に行った研究で、1年に2回以上歯科受診をしていると、平均1.89倍認知症になりにくかった。
                        (出典:東洋経済オンラインより)

・いわゆるプラークコントロールが大事!

定期的な検診とセルフケアが大事であり、歯間ブラシやデンタルフロスを使って
プラーク(歯垢)を歯や歯と歯茎の間から取り除くことを習慣的にやりましょう!


☆こちらの記事も認知症予防の記事です。ちと刺激強めですが 笑 人気記事です。
 ぜひ、ご覧ください。
ボケたくないなら、「あれ」をしろ!(積極的な性行為が認知症を予防?!)


目次にもどる

まとめ(介護施設での予防)


ハイネ君ったら、歯医者になれんじゃね?ってぐらい
歯のことばっかり語っちゃって 笑

いつものことながら、介護ブログだってこと忘れるとこだった('▽'*)ニパッ♪

そうそう、高齢者を抱える施設や事業所こそ、取り組むべきですよね!

やっぱり一番いいのは、歯医者さんに見せること。

なかなかご自分で歯医者に行ったりが難しい方も多いので、

お勧めは訪問歯科、歯科往診ですね。

私がデイサービスで働いてた頃に、無料で全員の診察をしてくれる
という何ともボランティア精神にあふれる団体が来てくれたのを
覚えています。

詳しくサイトを見たら、やっぱりボランティアで
歯の健康相談をしてくれているみたいなので、ちと紹介しますね。

日本訪問歯科協会

それから、介護事業者向けに口腔ケアの指導等もあるみたいなので、
おススメです!

重要なのは、歯科への相談と毎日の口腔ケア!

忙しすぎて、口腔ケアがおざなりになっちゃう気持ち、とってもわかるし、
ぶっちゃけ私も口腔ケアってこんなんでいいのか?って経験あります。

でも、私自身、これを調べていく上で、

口腔ケアって、後回しにしても、雑にしてもダメ。

むちゃくちゃ大事なことやんけ!って分かりました。

誤嚥性肺炎とかだけでなく、認知症予防にもなる口腔ケア。

ほんと、忙しい毎日ですが、頑張って参りましょう。

☆こちらの記事は認知症のリスク要因9つをご紹介しています。
 認知症予防の為に、ぜひご覧下さい。
認知症予防、これを気がけて!9つの改善点を年代別に発表!

目次にもどる

SPONSORED LINK