どうも、ハイネ君です。

今回は、今の職場で悩んで転職しようか迷っている方。または、もう転職を決めて、いいとこがないかなぁ~なんて思っている方。そんな方たちに、有益な情報をお届けできればと思っています。

転職を失敗しない為に、1番大事なこと。それは、当然過ぎますが、良い施設や事業所を選ぶことです。それから、転職前と転職後の自分コントロールが次なる鍵となってきます。今日はこれら3点について話を進めていきたいと思っています。

☆他業種から転職をお考えの方は、まずこちらをお読み下さい☆
[介護福祉士]ごちゃごちゃ考えずに、飛び込んじゃいなよ!

では、ハイネ君、始めます。

team-2954004_640





転職前の良いマインド


転職前って今いる職場を辞めたいんだから、マイナス思考ってのはわかります。ただ、マイナス思考のまま転職する人って、言っちゃぁ悪いですが、繰り返します。転職繰り返して、結局近隣の施設をグルグル回るはめに。

転職して成功しているのは、逃げて行った人ではなく、自分の意思で出てった人です。例えば、今の職場が嫌だから、ただそれだけで逃げる。それだと、次の職場でもそのようなマインドに陥り、また繰り返すわけです。

自分の意思、つまり「あぁしたい、こぉしたい」ってのがあって、目標を持って、転職していくタイプが成功していくんです。せっかく新たな職場を選ぶわけですから、プラスな考えにかえてから、新天地探しに臨みましょう。

人間関係に疲れて辞めたいのなら、次の施設での振舞いはこうしてみよう。法人の理念に嫌気がさしたのなら、明確で自分に合う方針を掲げている法人を探そう。研修に参加ができなかったから、今度は研修に参加させてくれるところを探そう。

などなど、自分が今思っているマイナス要因をプラスに変える作業が転職前にとっても大事なマインドコントロールになります。


☆この記事は、介護を辞めたいと思う理由。経営者が考えるべきこと。では、どうしていったら良いのかってことが詳しく書いています。今回の記事とセットでお読み下さい。介護辞めたい!転職したい!まずは1分これ読んで!

目次にもどる

良い施設・事業所の選び方


現在、介護施設・事業所は二極化が進んでいると言われています。二極とは、人材の定着しない所と人材が定着する、いわゆる勝ち組施設。

どうにか、転職する際は勝ち組施設の仲間入りを果たしたいわけですね。勝ち組施設には、いくつかのポイントがあります。

1.評価制度がきちんと確立されている。

2.法人の理念や方針が明確に打ち出され、浸透している。

3.先進的な取り組みをして、国の支援を受けている。

これは少し、番外編ですが、4.福祉合同就職面談会で列が出来ている。

以上のようなポイントがあるわけですが、こんなん、あんまり聞こえてこないし、どうやって探したらいいかわかりませんよね。そこで重要なことは、転職のプロに相談するということです。

弁護士とは違うので、もちろん相談無料です 笑 無料の会員登録とかするだけで、色々聞けちゃうので、転職する際は、か・な・ら・ず転職サイトを通してからにして下さい。

なぜかというと、一番詳しく書いてある記事はあとでご紹介しますが、まず非公開求人をたくさん持っているということ。職員の入れ替わりが激しいところや、そこの人間関係などの裏事情を詳しく知っているスタッフがいるということ。このような情報を無料でゲットできるので、利用しない手はないです。

たくさんの転職サイトがあるなかから、色々悩まないでいいように厳選しました。全国対応の「介護ぷらす+」です。まずは、こちらにリンクを貼っておきますので、確認してみてください。



※このバナーをクリックするとサイトへ飛びます。

まぁ、ネットなどで自分で転職先を探す手もあります。施設の口コミが書かれていたり、最近ではFacebookやってる施設も多いので、そちらも確認されたほうが良いかと思いますが、やはりプロにはかないません。

☆先ほど1番詳しく書いてある記事をご紹介すると言いましたが、こちらになります。なぜ、プロに相談するのが良いのか、それから、なぜ、「介護ぷらす+」なのか。その変を詳しくまとめています。損をするといけないので、後からでも構いません。必ず目を通して下さい。[介護転職]転職サイトを利用しないとバカを見る!まずは3分これ読んで!


目次にもどる

転職後の自分コントロール


良い施設を紹介されたあとが大事ですね。転職後に主に気をつけてほしいことを書いていきます。

・前の職場ではこうしてました発言に注意!

皆さんも経験あると思うのですが、新しく入ってきた職員から前の職場ではこうしてたのに、なんでそうしないんですか?みたいな質問を受けたり、言われたりでイライラした、そう、その経験です 笑

これは、とっても良くないですね。まず、そこにいる職員さんたちは、前の職場の話を出されても、「ここはそういう決まりだから」としか思いません。

適切な意見を主張するのは構いませんが、前の職場を出しすぎるとほとんど失敗しますので、ご注意下さい。

・聞く姿勢が大事(1年間は黙っておく)

1年間も黙るの? ん?って思われる方もいるかもしれませんが、ここで言いたいのは、『出る杭は必ず打たれる』ということ。いくら前の職場での経験が長くても、主張するまでには、そこでの人間関係や様々なことを知った上での主張が望ましく、介護業界ではそれらを知っていくのに、最低1年は要すと思っているからです。

もちろん、職場によっては、新規職員でも発言を求められたり、どんどん意見をいったほうが良い場合もありますが、まずは、円滑な人間関係を築くためにも、この聞く姿勢は忘れずに。

・リーダークラスの仕事を取る。

リーダーや主任クラスの人は色々と仕事を抱えていることが多いです。なので、自分ができる範囲でリーダーたちの仕事を取る、もしくは手伝うと、良い評価に繋がります。

・自分より年下の上司と上手く付き合う。

転職あるあるですが、ある程度の年齢で転職すると必ず年下の上司がいます。その人と上手く付き合う気持ちを最初から持っておきましょう。

・派閥には極力近寄らない。距離を置く。

昔ながらの介護施設はよく派閥でもめます。勝ち組施設にはないとは思いますが、もし少なからずあるようならば、上手く距離を置きましょう。特に女性は難しいですが、距離を置きながら自分の居場所を見つけるのも仕事だと思って頑張りましょう。

先々はもっと色々な対処すべき問題が出てくるかもしれませんが、とりわけ、転職直後に気をつけて頂きたい自分コントロールは以上になります。

☆色々選びたいという方もいましたので、転職の優良サイトをまとめてみました。こちらもぜひご覧下さい☆[介護転職]優良サイトをまとめてみた。豊富な求人、失敗しない転職はこちら。

文章見るの面倒くさい、直接見たほうが早いって方はこちらのバナーからどうぞ。2社に厳選しておきました。



目次にもどる

SPONSORED LINK